結婚式用紋付袴のレンタルランキング

最近結婚式で人気のレンタル用紋付袴のランキング

初心者にもわかりやすいレンタル紋付袴のランキング

By on 2016年8月25日

紋付き袴とは、男性の最も格式高い第一礼装といわれる和服のことです。一般的には、結婚式で新郎や新郎新婦の父親が着たり、成人式、卒業式でも着る機会のある着物です。結婚式では、最も格の高い黒の紋付袴が着られますが、黒以外のさまざまな色の紋付袴もあります。紋付とは、その家の家紋が白抜きされた着物のことで、多くの場合、紋付袴には五つ紋が用いられ、背中心、両むね、両そでに紋が付けられています。自分の家の家紋が分からない場合は、先祖を祀ったお墓や、家で儀礼に用いられる塗りのお盆などに家紋がほどこされているので、一度確認してみるのもと良いでしょう。どうしても家紋が分からないときは、レンタル着物などですと、いちばん一般的な家紋がついた袴などを用意してもらえます。

日本人男性の袴が素敵にみえる理由

日本では学校の制服がブレザーであったり、サラリーマンになるとスーツを着たりと、普段から公の場で着なれているのは、和服より断然洋服です。しかし日本人男性には、スーツより着物姿の方が素敵にみえる体格的な特徴があります。まず、スーツはそもそも西洋人にあった服ですので、肩幅や胸板がしっかりとあり、足も長い方がカッコよく着こなすことが出来ます。日本人男性にもスラリと着こなす方もいらっしゃいますが、年齢とともにお腹がでてくると、スーツではよりいっそうスマートさを出すのがむずかしくなってきます。一方、着物や袴は、なで肩でやせ型でもスーツほど悪目立ちせず、足も短くてもまったく違和感はありません。お腹周りはむしろしっかり出ている方が帯のおさまりも良く、日本人の体形には着物が合うんだと納得させられてしまいます。

紋付き袴をどうやって用意するか

特別な日にはぜひ袖を通してみたい紋付き袴ですが、ではどうやって用意するか。まず、親や親族に聞いてみるのが第一の手段でしょう。自分の父親やおじなどが持っていれば、借りることができますが、問題はサイズです。女性用の着物は、多少の身長の差があっても、着つけの際にお腹まわりで生地の長さを調節し、その部分を上から帯を巻いて隠すことで簡単にアジャストできます。ところが、男性の着物と言うのは、つい丈といって、まったくお腹周りで長さを調整することなく着ます。温泉旅館で用意されている浴衣のようなイメージです。ですので、着物の持ち主と身長差があれば、足元が短すぎてカッコ悪いなどということも起きてしまいます。こうなれば無難ですがレンタルするというのが賢明な選択かもしれません。買うと大変な金額になりますが、レンタルすればそこそこのお値段で良いものを選ぶことができます。また面倒な着物をきたあとの処理も任せられます。

着物の種類や季節、お召しになる日等、様々な視点からお客様に似合うお着物を往復送料無料でレンタルをしております。 多くの種類のレンタル着物を豊富に取り揃える事により、お客様がご希望される着物を、お貸出来る事がメリットです。 1954年の小売業から始まり、その後も時代のニーズを捉えながら、地域に根ざした実績を積み上げてきました。 紋付袴のレンタルは充実サービスの着物レンタル365