結婚式に備えて紋付袴のレンタルのランキング解説

最近の結婚式は、さまざまなスタイルのものがあります。まず式については、教会で挙げるキリスト教スタイル、神社やお寺で挙げる神前、仏前スタイル、また宗教を介さない人前スタイルなど多様です。そしてキリスト教スタイル一つをとっても、教会で挙げるのか、ホテルや結婚式場に併設された式場であげるのか、と場所もいくつかの選択肢があります。 結婚式の場所が決まらなければ、決まらないのがその装いです。新郎新婦、本人たちにしても、出席者にとっても、どのような場所で式を挙げるかで着るものが変わってきます。結婚式は花嫁の晴れ舞台と言われることもあるように、やはり新婦である女性が何を着たいか、どんな式にしたいかで、タキシードにウェディングドレスなのか、紋付袴に白無垢なのかが決まってきます。

近頃、和装による結婚式が人気です

近頃、定着してきた和装による結婚式。式はキリスト教式でもお色直しは着物という花嫁も多く、和装が積極的に取り入れられるようになってきました。花嫁が和装を選べば、必然的に花婿も和装ということになります。和服の中で、男性の第一礼装としてあげられるのは、黒の紋付袴です。紺色などすこしカジュアルにはなりますが、レンタルですと色のついた紋付袴もあります。いずれにせよ、花嫁の衣装に合わせることになりそうですが、特に男性にとって和服を着る機会というのは限られていますので、ここはひとつ、普段の自分とは違う一面を見せる紋付袴を選ぶのも良いかもしれません。花嫁同様、男性も、洋装もするし和装にお着替えもするという方が、結婚式で沢山写真を撮ってもらえるまたとない機会ですので、良い思い出になりそうです。

結婚式の衣装をレンタルしてみる

さて、結婚式の衣装は多くの場合レンタルすることになります。一生に一度のこととされる晴れ舞台ですので、最高に格式の高い装いをするため、なかなか購入とはいかないお値段のものを借りることになります。たいてい新郎新婦には事前に衣装合わせと呼ばれる、試し着の機会が得られます。納得がいくまで何度も試着し、希望の一着が決まれば、その衣装を予約します。新郎新婦が神社など和の結婚式をあげる場合、ぜひ親族や参列者の方にも積極的に和服を着てもらいましょう。日本建築のまえで記念撮影をとるとき、和装にかなうものはありません。特に紋付袴や留袖などは、着る人の数が多ければ多いほど、式全体の風格を増し、祝いの気持ちや式の厳かさが拡張されることでしょう。今は、結婚式の参列者の方用にも多様なレンタル着物がありますので、手持ちの着物以上に華やかで上品な装いに出会えるかもしれません。